BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トリビュート
  4. コミケでのデジタルサイネージ制作記(3)

コミケでのデジタルサイネージ制作記(3)

はじめに

どうもー。

マメにブログを書くということがほぼ初めてなので、1から10までちゃんと説明するブログ記事を書ける人ってすごいんだなあと改めて思ってしまいました。

前回は・・・
[adchord]

機材の組み立て設置テスト運搬テストを行いました。

今回は実際に展示するにあたっての最適化、電源の持続時間についてテストしてみようと思います。

パソコンの小型化に挑戦

~前回~

三脚やバッテリーは仕方ないにせよ、思っていたよりもパソコンが邪魔くさい・・・!
Mini-ITXのケースの中では最小クラスの大きさなのですが、他の頒布物も下に置くことを考えるとなんとかしなきゃという感じです。

このPCケースの寸法が270x273x120mm、2.40kgなので、地味に縦横が30センチ弱あるんですよね。机の下に置くとしても、奥行きが45センチしかないのでもう少しスペースを削減したいところ。

もっと小型・・・小さくて高性能・・・かわいいやつ・・・。
せや! アレがあった!!

~数日後~

なんか届きましたね。


Intel NUC NUC7i5BNH
というマシンが着弾しました。

本体が270x273x120mmから115×111×48mmと2分の1以下のサイズになりました。スペックも倍以上になって満足満足。
消費電力がちょっとだけ増えたんですが、終了までに間に合えば良しとしましょう・・・。

旧マシンのスペック
Intel Celeron J1900 2.2GHz
DDR3 8GB
60GB SATA SSD

4コアCeleronというなかなかレアもののCPUだったんですが、Atomを4つくっつけた製品なので非力化という時代の流れには勝てず・・・。

NUC7i5BNHのスペック
Intel Core i5-7260U 2.2GHz
DDR4 16GB CT16G4SFD824A
250GB NVMe SSD WDS250G2X0C  ←重要
Thunderbolt3  ←重要

NVMeなんて規格があるのをごくごく最近知りましたよ!!!!2015年ぐらいからあったんですね!!!!(流行に疎い)
Thunderboltは前々から割とお世話になっているので、最新のThunderbolt3が搭載されているものを選びました。
最大40Gbpsですよ? めっちゃ夢があるじゃないですか。

ああ、話が脱線してしまいました。

デュアルディスプレイに挑戦

比較的電池残量に余裕がありそうだったので、家で余らせていたBenQ G610HDPLという15.6インチモニターを付け加えてデュアルディスプレイにしてみました。
2010年12月にこれを買ったんですがもう8年前なんですか・・・。


NUC側にVESAマウント対応のブラケットがついておりますので、こうやってモニターの裏にくっつけることができます。
スペース削減の恩恵を受けられる人が結構多いのではないでしょうか。

上から
Thunderbolt3(USB Type-Cオルタネートモード)
128GB USB3.0 小型メモリ
RJ-45 有線LAN
HDMI → D-Sub変換アダプタ
DC電源

小さいほうのモニターの入力がアナログRGBのみ、NUCの画面出力がHDMIThunderbolt3しかなかったので急きょAmazonでHDMI→D-Subの変換アダプタを購入。Amazonってかゆいところに手が届くキワモノが結構売ってますよね。ちゃんと正常に動作する保証はないけど(!)。

USB Type-C → DisplayPortのケーブルはストックがあったので、取り急ぎ大きいほうのモニターに接続。

なんということでしょう!

バッテリーでパソコン1台・モニター2台が動くではありませんか!
こりゃ展示としては最高だぜ。あとはどれぐらい電池が持つか・・・。

実際に6時間動かしてみる

さて、お待ちかねの耐久テストです。


大きいほうのモニターの内容。

小さいほう(画面が汚くてごめんなさい・・・!)。

120,600mAhの実力、どれほどのものか!

2時間半経過時点

ブレとる・・・。
2時間半で34%消費したので、1時間あたり13.6%減ると見るべきでしょうか。

なんと6時間完走!

まーたブレとる!!!!!
写真を撮るのヘタクソマンです。フォローお願いします。

残量14%にて6時間耐久テストを完走しました。
思ったよりは消費が激しかったかな? 20%弱残るかなと思っていたので。

こんな感じでコミケのサークルポスターの代わりになるかもしれないデジタルサイネージの実験でした。
費用はかかりますが、インパクトは絶大なので皆さんもぜひぜひ参考になさってみてください。

おまけ


夏コミで実際に展示する映像ポスター(仮称)の試作を行いました。想像以上に明るい!インパクトすげえ!
これがLive2Dで動くってんだからすごいよなあ・・・。
え? Live2D? なんのこと?という人は次の記事で。

8月10日(金)
1日目西1ホール、”よ”ブロック01a
スタジオトリビュート

ここで展示しますからね!!!!よろしくお願いします!!!!!!!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事