2018年12月30日のコミックマーケットC95 2日目東6”ツ”-60a!

[2日目東ツ-60a]2018年冬のコミックマーケット95のお知らせ

[2日目東ツ-60a]2018年冬のコミックマーケット95のお知らせ

はじめに

どうもーお久しぶりです。
10月はブログを更新せずに終わってしまいました・・・申し訳ないです。
先月はとんでもないイベントが発生したのですが、プライベートなことなのでここには書けないのがもどかしいです。

冬コミのお知らせ

はてさて。今回もコミケの時期がやってきました。
スタジオトリビュートの結果は・・・

2018年12月30日
2日目東6ホール”ツ”60a

になりました。壁配置じゃない!残念!



どれどれマップを確認してみよう・・・


上が東京ビッグサイト前の道路、手前が東通路および東1,2,3ホールという向きです。
いやあ、何度見てもものすごいサークル数です。出展側だけでも約40,000人もいるわけですから、とんでもない人だかりというのがお分かりいただけると思います。

はて、ウチはどこだろう。

あ!いた!

今回はなんと東6ホールの入り口真ん前の配置になりました。
ここで前回のコミケで制作したデジタルサイネージを披露すれば、皆さんのご興味ご関心を引くことができるかも・・・?


コミケでのデジタルサイネージ制作記(1)
https://studio-tribute.jp/web/archives/106

前回の夏コミではスタジオトリビュートを訪ねるためだけに遠方からお越しいただいた方もいらっしゃいまして、とてもとても恐縮でございます・・・。(でも嬉しいのでまた来てくださいね)

冬コミ新刊のお知らせ

前回の夏コミではConatusの体験版をリリースしましたが、今回は体験版よりも内容を拡充し、本編中盤まで読むことのできる小説版を頒布する予定です。


↑小説版表紙↑

200ページ(*)程度の本格的な小説本を制作する予定です。

通常価格は700円ある特定の条件を満たすと500円の割引価格でご提供いたします。

特定の条件は後日発表しますが、それほど難しいものではありませんのでぜひぜひ割引価格で買っていってくださいね。

(*) 制作中につき多少ページ数が前後する可能性があります。

あらすじ
真面目でのんびりとした性格の雨谷勇は、大学を卒業し新卒で会社員として働き始めた。将来への希望に満ち溢れるはずが、日常のあらゆるストレスに打ちひしがれ、心が病んでいく。ある日、自分自身の我慢が限界点を超え、自家用車の車内で練炭自殺を図った。薄れ行く意識の中、車の正面に女の子が立っていることに気がついた。その女の子から雨谷勇の人生は大きく変貌を遂げることになる・・・。



展示機器について

前回の夏コミで大いに活躍してもらったデジタルサイネージですが、改良点がいくつか。

①まずデカイ
②液晶の視野角が狭い
③ケーブル類が煩雑
④物理的に重い

①:上部の大型ディスプレイは致し方ないとしても、下の13.3インチモニターはSurface Pro 4に代替してもらうことになりました。
②:これは完全に購入ミスだったので夏コミ後すぐに売ってしまいました。冬コミ当日までに違うものを調達しておきます。
③:ケーブル類を簡素化するために、Surface Pro 4くんに頑張ってもらうことにしました。
④:モニターやPCではなく、一番重かったのはモニターを支えていた三脚スタンド。これを回転機能付きモニターを調達してスタンドなしで縦画面を実現させる予定です。

今回の冬コミではより見やすく、より注目されやすいブースを設営します。どうぞお楽しみに!

次回はスタジオトリビュートに新しいサーバーが届いたお話。